洞察力

「これからの働き方」について語るブログ

▶▶▶︎瀧本銀次朗のプロフィール◀◀◀︎

スポンサーリンク

どんなに不器用でもいい。いざという時に動ける人間になろう

 

じつは、、今年度から一緒に働く子がですね、個人的には化けたらすげぇやつになるポテンシャルを持ってるんじゃないかと踏んでるんですよ。

 

まず度胸がある。

 

そして機転がきく。

 

あーいうのって、教えるの限界あると思うんです。

いかに自問自答して生きてきたかの差でしょう。

 

もちろんまだまだ発展途上ですので、より改善すべき点はあります。

ただ、お仕事する上でのそもそもの心構えとして、彼は期待できると思うんです。

他のことは経験でなんとかなる。

そこはサポートできるから。

 

そもそもがやる気ない、ひねくれてるようなら任せられること限られますからね。

 

人間性とでもいうべきか。

いい言葉が見つかりませんが、ここはぶっちゃけ素質です。

その子がどうやって育ってきたか?に影響する。

社会に出てからじゃ、変われる部分と変われない部分とがあります。

 

よっぽど地獄の底にでも突き落とされるような経験でもしない限り、変わらないです。

そもそも変わろうとさえ思わないから。

 

そうじゃなく、変わろうと必死にもがいてる不器用な人材と出会えたことが、ぼくとしてはラッキーだと思ってます。

 

まず一年。

一緒に頑張ろう。