洞察力

真剣(ガチ)×ゆるさ=生きる強さ

▶▶▶︎瀧本銀次朗のプロフィール◀◀◀︎

フィットネスクラブで運動習慣をつけるために絶対に厳守すべきだったひとつのこと

ガチゆるフィットネスブロガーの瀧本銀次朗です。

 

1月になって、フィットネスクラブに入会した人もいるんじゃないでしょうか?

心機一転!今年こそ運動習慣をつけて健康になろう!ダイエットもしよう!

 

と、意気込んでると思います。

 

ただ、運動習慣をつけるってそんなに言うほど簡単なことじゃありません。

 

もしかしたら、すでに挫折した経験のある人もいるかもしれないし、入会したけど全然通ってない…なんて人もいるかも。

 

せっかく入会したのに、通わなかったらもったいないですよね。

 

でも、フィットネスクラブで運動習慣をつけるのは、とっても単純なあるひとつのことを守るだけで大丈夫なんです。

難しいことは考えなくていい。

フィットネスクラブに行く日と時間を決めて、必ず行く

フィットネスクラブで運動習慣をつけたかったら、これだけでいい。

これ以外の方法はためす必要もありません。

 

きちんとスケジュールにジムに行って運動するという時間を取り入れて、必ずその通りにする。

それだけで、ちゃんと運動習慣はつきます!

 

大切なのは、「優先順位を高く保つこと」なんです。

習慣化するんだから、生活の中での優先順位は高くしないとダメ。

寝る、食べる、働く、この次くらいにはもうフィットネスクラブで運動する、が入っていなきゃなかなか習慣化はきつい。

 

運動習慣といっても、必ずしも毎日やんなきゃいけないようなもんじゃありません。

週に2〜3回でいい。

そりゃあどうしてもいけない時もあります。

それでも、きちんと再開することが大切。

1ヶ月や2ヶ月運動しても大して効果は感じないように、1ヶ月や2ヶ月運動がまともにできなかったとしても、劇的に体力がなくなるなんてことはそうそうありません。

アスリートみたいな超人的な体力と肉体を維持したいならまずいですけど。

ふつーに生活して、身体もそこそこ引き締まってて、健康的な身体でいたいのなら、そんなに危機感感じなくても平気。

 

でも、習慣化したいならきちんとスケジュール組んでフィットネスクラブに足を運びましょう。

そしてなんでもいいから黙々と運動してみましょう。

楽しむとか、そういうのいいから。

 

習慣とは、歯磨きとかお風呂で身体洗うのとおんなじです。

楽しいとかワクワクとか、感情はいらない。

そこにモチベーション置いちゃうと、ちょっとでもつまんなくなった瞬間に習慣化への道は閉ざされます。

 

淡々と、黙々とフィットネスクラブに行きましょう。

やる気なんて出さなくて大丈夫。

気が進まなくても大丈夫。

行けばやるんだから。

そこに行けばみんな運動してんだし。

サクッとやりましょ。サクッと。

20代に読んでほしい本、健康関連の情報を配信中!

友だち追加

SNSフォローお願いします

Facebookページ「いいね!」してください!

トレーニングコーチ瀧本銀次朗

▼瀧本銀次朗 個人アカウント フォロー大歓迎!

瀧本 銀次朗 | Facebook

メインアカウント。Tweet多め。

瀧本銀次朗 (@GinchanT) | Twitter

▼メインのインスタアカウントはこちら

瀧本銀次朗 (@ginjiro.t) • Instagram photos and videos

▼グルメレポ専用アカウント

瀧本銀次朗@ウラのかお (@ginjirotakimoto) • Instagram photos and videos

  

▶︎▶︎自分で身体を変える力が身につくLINE@はこちら◀︎◀︎

▶︎▶︎瀧本銀次朗のVALUをビットコインで購入する◀︎◀︎