洞察力

真剣(ガチ)×ゆるさ=生きる強さ

▶▶▶︎瀧本銀次朗のプロフィール◀◀◀︎

コミュニケーションが上手い人と下手な人の違い

相手にたいして関心があるかないか。

 

対人で上手くコミュニケーションをとれるひとと、そうでない人との違いはここです。

 

相手に関心があれば、まず質問ができます。

ということは、会話をこちらから切り出すことが出来るんです。

 

信頼関係は、相手を知るところからはじまる

僕もそうなんですが、共通点があるとグッと距離感縮まりますよね。

だから、相手を知るってとっても大切で、本当に些細なことでいいから共通点があるとそこから信頼関係をつくりやすくなるんです。

 

相手を知るには、まずはよく聴くこと。

 

これ、自分の話をしまくる方法でやろうとする人もいるけど、対人で初対面の場合、それって逆効果なんです。

自分の話しかしない人って、相手に関心がないように感じませんか?

というか実際そうで、自分の話ばっかりしたがる人は、共通点を探そうなんて思って喋ってません。

ただ自己アピールしたいだけ。

信頼関係つくれるわけないじゃん。

 

家電屋さんの店員さんでたまにいませんか?

ずーっと冷蔵庫とか炊飯器のスペックの話してるひと。

あれ、いい冷蔵庫や炊飯器を売りたいだけですから。

 

良い販売員さんは、まずお客さんのことを知ろうとします。

 

家族構成は?

お酒は飲むか?

冷凍食品はよく使うか?

 

で、それにあったものをオススメするから売れてるんです。

信頼関係をちゃんとつくってるから、買う側も気持ちよく買えますよね。

 

 

僕自身もトレーナーとして活動して、フィットネスクラブでいろんなトレーナーさんと働いて思うんですが、

仕事の出来栄えはやっぱりいかにトレーナーがその人に関心をもって接しているかがとっても大きく影響してるんですよね。

この違いがエグいくらい顕著にリピート数に影響してます。

リピート数すごいトレーナーは、売り上げの安定感が違います。

次の予約がスイスイ入る。

 

こうなるトレーナーと、ならないトレーナーとでの決定的な違いは間違いなくコミュニケーションのうまさです。

 

コミュニケーションの上手いトレーナーほど、その「人」に関心をもっていて、

コミュニケーションの下手なトレーナーほど、その「目的」や「現状」への関心が強い。

 

ジムに入ったものの、右も左もわからず不安で、トレーナーにとにかく頼んでみようと思ったクライアントさんにとって、どっちが信頼できそうですかね?

 

若いトレーナーは案外、ここの落とし穴にハマりやすい。

専門知識もってりゃ良いってもんじゃないんです。

トレーナーである前にひとりの人であれ!

 

SNSフォローお願いします

メインアカウント。Tweet多め。

瀧本銀次朗 (@GinchanT) | Twitter

▼メインのインスタアカウントはこちら

瀧本銀次朗 (@ginjiro.t) • Instagram photos and videos

▼グルメレポ専用アカウント

瀧本銀次朗@ウラのかお (@ginjirotakimoto) • Instagram photos and videos

  

▶︎▶︎自分で身体を変える力が身につくLINE@はこちら◀︎◀︎

▶︎▶︎瀧本銀次朗のVALUをビットコインで購入する◀︎◀︎