洞察力

真剣(ガチ)×ゆるさ=生きる強さ

▶▶▶︎瀧本銀次朗のプロフィール◀◀◀︎

正月太りをしないように気をつけるよりもずっと大切なこと

正月太りしないよう、お正月の過ごし方を気をつけようにも、そんなお正月僕は楽しくないと思うんです。

親戚があつまるお正月。好きなだけお酒飲んで、すきなだけ食べたいもの食べたらいいんです。

 

「でも正月太りで毎年後悔しちゃって…」

というあなたは、いますぐ取りかかるべきことがあります。

取り掛かったとしても、きたる来年のお正月には大きな効果はないかもしれません。

でも、来年の今ごろ確実に「正月太り」なんてものを気にする必要がなくなるはずです。

簡単には太らない体をつくれ

 ちょっとくらい暴飲暴食したところで、太らないような身体を持っておけばいい。

「暴飲暴食」という行為自体、僕はすきじゃないんですが…

仮にそういうのをやるとして、一度でもやったら体重がみるみる増えてしまうという身体は考えものです。

簡単には太らない身体をつくりましょう。

どういうことかというと、暴飲暴食してそれを吸収してしまうような身体ではなくせばいいということです。

人間には恒常性機能(ホメオスタシス)というものがあり、生命維持のために今現在の状態を維持しようとする機能を持っています。

普段から無駄な暴飲暴食を避けて、粗食を心がけていれば、年末年始の暴飲暴食はあなたの身体にとって「異常」な行為としてインプットされます。

そもそもそんなに大量に食べることもできないだろうし、恒常性機能によって、その後の空腹感がなかなか来なくなる可能性も高いです。

これが普段から食べたいものを食べたいだけ食べるような生活をしていると、暴飲暴食も日常の行為として身体が判断してしまいます。

結果的に摂取エネルギーはどんどん増えて、正月太りから深刻な肥満につながる可能性も高くなります。

一週間くらい不摂生してもそんなに太らない

 普段から粗食を心がけていれば、年末年始の一週間前後を不摂生の連続で過ごしたとしても、そこまで急激に太ることはないはずです。

基本的に一週間で増えた体重なら、一週間で戻るはずです。

もし戻らないのなら、それは正月のせいではなく、ふだんのあなたの生活週間の改善が必要とされているサインかもしれません。

なによりきちんと食生活や日常の生活を健康的に送るよう心がけている人は、そういう不摂生することがかえってストレスになります。

体重は判断基準のひとつでしかない

正月太りをしたかどうかはきっと、体重で判断すると思います。

「食べ過ぎたから」という主観的な判断で正月太りと判断するのはちょっと早くて、身体の中身をみてみないと本当に正月太りしてしまっているのかはわかりません。

 

ただその体重も、それ自体をはかっただけでは正月太りしたかどうかなんてわかりません。

食べたものがまだ消化されず胃袋に残っていればそれだけ体重は増えるし、消化吸収された後も残りの余分なものが便となって溜まっていたら、それだけ体重は増えます。

 

かならずしも、「体重が増えた」=「正月太り」「脂肪が増えた」ではありません、

 

体重は単なる判断基準のひとつでしかありません。

体重に占める体脂肪の割合(体脂肪率)などもきちんとみていかないと、あなたにいちばんあった正月太りの解消方法は見つかりません。

基本的にはすべてをバランスよくこなす必要がありますが、人によってはどれを優先的にやったほうがいいのかが若干違うこともあります。

体重だけだと、それがわからないんです。

完璧じゃなくていい、健全な生活をしよう

 今日からすぐに取りかかるべきことは、「健全な生活をすること」です。

特別なことをする必要はありません。

  • 食べ過ぎない(必要なものを必要なだけ食べる)
  • 栄養のあるものを食べる(食べたいものばかりを食べない)
  • 日常生活よりもやや激しめの運動をする(筋トレ、ジョギングなど)

こんなことでいいんです。

 

残念ながら僕たちの日常は、何も意識せずに過ごしていると「健全」とは程遠い生活になっています。

一日中オフィスワークの方は、健康を維持するため、運動する時間を別途で作る必要があります。

毎日コンビニ弁当や牛丼屋でランチを済ませている方は、ビタミンやミネラルが不足している可能性がとても高いです。

しょっちゅう風邪を引く方はきっと、これに当てはまっていると思います。

 

すぐに結果が出るものではありません。

ただ、今日からはじめて来年の今日まで毎日やってみてください。

来年の年末は絶対に「正月太りが心配」なんて思うことはなくなっているはずです。

SNSフォローお願いします

メインアカウント。Tweet多め。

瀧本銀次朗 (@GinchanT) | Twitter

▼メインのインスタアカウントはこちら

瀧本銀次朗 (@ginjiro.t) • Instagram photos and videos

▼グルメレポ専用アカウント

瀧本銀次朗@ウラのかお (@ginjirotakimoto) • Instagram photos and videos

  

▶︎▶︎自分で身体を変える力が身につくLINE@はこちら◀︎◀︎

▶︎▶︎瀧本銀次朗のVALUをビットコインで購入する◀︎◀︎