洞察力

真剣(ガチ)×ゆるさ=生きる強さ

▶▶▶︎瀧本銀次朗のプロフィール◀◀◀︎

下っ腹を凹ませるには何をしたらいいのか?

男性、女性ともに気になる方も多い下腹部の出っ張り。

ぽっこりお腹を改善したかったら、まず重要なのは、「下っ腹を凹ませようとしないこと」です。

下っ腹は本来出ていないもの

凹ませようとしちゃいけません。

凹んでるのが普通なんです。本当は。

だから、凹ませるんじゃなく「正常に戻す」ことを考えるべきです。

 

凹ませるという変化を求めるのではなく、本来の姿に自分が戻るのだと意識すべきです。

 

厳しい言い方をすれば、下っ腹が出ているという状態は、正常じゃないんです。

本来のあなたのあるべき姿は、決してぽっこりお腹の持ち主ではありません。

本来の姿に戻るという概念はとても重要です。 

変わろうとしちゃいけません。

下っ腹が出ている原因を改善する

下っ腹が出ている原因は、

  • 姿勢が悪い
  • 脂肪が多い
  • 筋肉の柔軟性や筋力のバランスが悪い
  • 便秘

このようなことが考えられます。

 

上にあげたような原因のどれかひとつだけが原因、ということはほとんどありません。

どれかひとつでも心当たりがあれば、他の原因も関わっている可能性が高いからです。

例えば、姿勢が悪いのは筋力のバランスや柔軟性のバランスが悪いことの結果です。

ただ、はじめからバランスが悪かったわけではなく、悪い姿勢をとる習慣が増えた結果バランスが悪くなることのほうが多いです。

どちらが先かといえば、悪い習慣がついてしまったことが先の原因となっていることのほうが多いんです。

 

ということは、一番やるべきことは悪い習慣をなくすことです。

上の例でいえば、常に良い姿勢でいることを心がけることが一番やるべきことかもしれません。

 

ただ、姿勢が悪くなっているのは、筋力のバランス、柔軟性のバランスが悪いからかもしれません。

となると、それを改善しない限り、良い姿勢を取ろうにも取れない場合、取れてもそれが持続できない可能性も考えられます。

 

そこでやるべきなのが、ストレッチや筋トレなどのエクササイズです。

エクササイズによってバランスを修正していくことで、普段の生活の中で良い姿勢を意識して保ちやすくなります。

 

良い姿勢を常に保とうとするだけ、姿勢を改善させるためのエクササイズをやるだけ、どちらかだけに頼ってはうまくいきません。

 

なんでもそうですが、「これさえやれば」なんて特効薬を探しちゃダメです。

そもそもの原因がひとつじゃないんですから。

 

同じように、下っ腹が凹むには食事の改善も必要かもしれません。

消化の悪いものばかりを食べたり、脂質の多い食べ物ばかりを食べていれば、どんなに姿勢を意識しても、エクササイズをしても意味はありません。

 

下っ腹というほんの一部のことだけれど、その一部が本来あるべき姿になっていないのは、いろいろな原因が積み重なっています。

それをひとつひとつ紐解いて、本来あるべき姿に戻していきましょう。

根気はもちろん必要です。

ただ、これ以上に確実な方法がないのも事実です。