GINCHAN.COM

スポーツ・フィットネス・ビジネス・育児・資産運用らへんがテーマ

「離婚=結婚の失敗ではない」というはあちゅうさんの言葉を聞いて、母子家庭で育った僕が思うこと

スポンサーリンク


Twitterでフォロー
Instagramでフォロー
24時間営業のフィットネスクラブ

作家のはあちゅうさん。

僕みたいな、まだまだどっかのコピペのような文章しか書けない分際からすると、はあちゅうさんの書く言葉、放つ言葉って、本当にかっこいい。すごい。

 

そんなはあちゅうさんの「離婚」についての発言

 

「離婚=結婚の失敗ではない」

 

これは、正しいですよ。

 

離婚は結婚に失敗したという結果論ではなくって。

結婚したパートナーと、今後は別々の道を歩んだほうが幸せだと判断した結果が離婚。

 

離婚は、適切な判断をしたまでで。

お互いにとって、今後より幸せになるための決断が離婚なだけ。

失敗ではないですよね。

「離婚=離婚の失敗ではない」は母子家庭で育った僕が聞いてもそう思う

僕が5歳のときに、両親が離婚しています。

それからは母と3歳年上の姉と3人で暮らしていましたが、不幸だと思ったこともないし、今に至るまで「なんで父親がいないんだ」なんて疑問や不満を持ったこともありませんでした。

 

当事者である母は仕事に家事育児に大変だったのかもしれませんが、僕がそんな母を見て「我が家は不幸だ」と思ったことなんて一度もありません。

 

生活は苦しかったのかもしれませんが、僕は思うんです。

両親が離婚せずそのまま一緒に暮らしていたとしても、多分幸せじゃなかっただろうと。

 

何を根拠にと言われても困ってしまうのですが、家族4人で暮らした方がどんなに幸せだっただろうと思ったことがないのが僕がこう思っている理由の全てです。

 

なんとなくだけど、4人で暮らしてたらグレてた気がするんです。。なんとなくだけど。

 

育ててくれた母はもちろん、父に対して僕は嫌悪感ひとつないし、今なお父親とも連絡は取り合っています。

 

たぶんこういう気持ちに僕がなれているのは、両親の離婚という決断が正しかったからだと思うんです。

 

もし、結婚に失敗したのだとしたら、あ姉や僕が生まれたことさえも失敗と捉えてしまってもおかしくはありません。

 

そうならなかった、そうさせなかった両親は、今は別々の道を歩んでいるとしても、幸せになるための正しい決断をしたのだと思います。

お互いにとっても。子供にとっても。

正しい決断はその都度変わる

僕は結婚してそろそろ4年目になりますが、離婚しようなんて思ったことはありません。

 

でもそれは、今のところは、です。

 

今後どうなるかなんて誰にもわからないです。

 

離婚していった人たちだって、はじめから離婚することを前提に結婚したひとなんていないはずです。

「この人となら、死ぬまでずっと運命共同体で居続けることができる!」とおもって結婚するんです。その時点では。

 

でもだからって、お互いの価値観や思いがこの先ずっと同じように育まれていくかなんて誰にもわからない。

夫婦なんだから波長を合わせて当然だろ!と言われるかもしれませんが、夫婦だからって価値観をすべてあわせなきゃいけないなんて、そんなの息苦しすぎます。

 

必要なのは、お互いの価値観を認め合うことです。

 

価値観を押し殺してまでずっと一緒に居続けることと、価値観を認め合った上で別々の道を歩むことと、どちらが幸せな人生を歩めるでしょうか?

 

 

僕は決して離婚を前提に結婚したわけじゃないし、今後そうするつもりもさらさらありません。

 

妻は僕にとって最高のパートナーです。価値観がすべて同じかといえばそうじゃない。

でもお互いにそれを認め合って暮らしています。それで一緒に暮らしていても幸せを感じるから、僕たちは夫婦で居続けています。

 

価値観の違いがあっても夫婦でいることが、生活を共にすることが幸せだから、僕たちは今なお夫婦でいます。

 

今後そうした関係が続くよう、努力することがいちばん大切であると思う一方で、妻にそれを強要して妻の自我を押し殺してしまうことだけはしたくない。

 

何度もいうけど、離婚したいと思ってるわけじゃありません。

離婚という決断をマイナスに捉えることが間違いで、もし妻がそれを求めるなら受け入れる覚悟があるということです。

 

僕と妻の間にも子供が出来ました。

暮らしは必然的に変わるし、僕と妻の関係も必然的に変わります。

 

子供という存在がいる中で、なにがいちばんいい選択、決断なのか?

 

これだという正解はありません。

正解はこれから自分たちでつくっていくものです。

まわりにどうこう言われるようなことじゃない。