GINCHAN.COM

スポーツ・フィットネス・ビジネス・育児・資産運用らへんがテーマ

腹筋ばっかり追い込まなくても腹筋は割れるから、全身をよくみてバランス良く鍛えるべし

スポンサーリンク


Twitterでフォロー
Instagramでフォロー
24時間営業のフィットネスクラブ

 

シックスパックに憧れる男性も

 

『腹筋女子』の仲間入りをしたい女性も

 

腹筋ばっかりやたらめったらやる必要はありません。

 

腹筋がまだ割れていない理由は、腹筋の筋力不足じゃないことがほとんどだからです。

腹筋を割りたいんだから、腹筋するのは当然?

じつは、腹筋の割れ目は、腹筋の筋力や筋肉量とは思っている以上に関係ないんです。

 

皮下脂肪が薄ければ、そこまで腹筋の筋肉量がなくたって、割れた腹筋は見えてきます。

 

逆に、どんなに腹筋の筋肉量が増えても、その上に皮下脂肪があれば腹筋はいつまでたっても割れません。

 

「中にはちゃんと筋肉あるんだけどね〜。上に脂肪がのってて。。」

という事態を打破するには、腹筋を鍛えることよりも、皮下脂肪を燃焼させることの方が先決です。

 

余分な皮下脂肪がなくなるために必要なこと

  1. 食生活の改善
  2. 全身の柔軟性と筋力のバランスの改善

大きく分けてこのふたつをやればOK。

ここが改善すれば、身体にある「余分なもの」が削られていきます。

 

「余分なもの」は脂肪かもしれないし、過剰に発達してしまった筋肉かもしれません。それはひとそれぞれ。

 

いずれにしても、余分なものが削られていけば、ムダのないキレイな身体になれるってことです。

 

小細工は必要なし!フツーのことをフツーにやればそこそこいい身体を作ることなんてそんなに難しいことじゃないんです。