GINCHAN.COM

スポーツ・フィットネス・ビジネス・育児・資産運用らへんがテーマ

フィジカルトレーニングに絶対はない

スポンサーリンク


Twitterでフォロー
Instagramでフォロー
24時間営業のフィットネスクラブ

 

フィジカルトレーニングに、これさえやれば、という答えは求めるべきではありません。

 

あえて文中にわざわざワークアウトという言葉を挟んだのにも、そういう意図を持ってのことです。

 

ワークアウトというのは、自発的に行動するという意味を含みます。

 

一方で、日本でよく用いられるトレーニングという言葉は、受け身でやらされているという意味を含んでいます。

 

アスリートとしてやるべきことは、トレーニングではなく、ワークアウトです。

 

自ら考え、試行錯誤して自分にあったプログラムを組み立てていくことは、トップパフォーマンスを引き出すうえで必ず役に立ちます。