GINCHAN.COM

スポーツ・フィットネス・ビジネス・育児・資産運用らへんがテーマ

10年前の自分に言ってやりたい。「1円でもいいから今すぐ資産運用をはじめろ」と。

スポンサーリンク


Twitterでフォロー
Instagramでフォロー
24時間営業のフィットネスクラブ

東京で生きるには、それはそれはべらぼうにお金がかかります。

 

まず家賃、

そして家賃、

さらに家賃。。。

 

家賃がいっちばんデカい。

 

でもね、通勤時間かけるより絶対にいいと僕は思ってるんです。時間を金で買う的な。

 

 

隼太朗(長男)も生まれたことで、これからどんどんお金をつかう機会も増えていきます。父ちゃんもっと稼がなきゃww

 

予想はしていましたが、残念ながら小金井市で保育園にいきなり入れるのは無理そうです。

向こう2年間は妻に家にいてもらうことになりそう。

 

 

ってえことで、親父の使命はただひとつ!

 

もっと稼ぐ

 

 

お金が全てじゃないですよ。モチロン。

 

でもね。お金を稼ぐ力を持っているというのは大切なことです。

 

結婚して、息子生まれて、さらにそんな気持ちは強くなりました。

 

夢を追いたかったら、まずは現実を直視することから。

 

競技も仕事も人生も、

「オフェンスはディフェンスから」が基本d(゚ε゚*)

 

…つっても、稼ぐなんてそんなすぐにどうこうできるもんじゃありやせん。

 

サラリーマンとして会社の仕事もぬかりなくやりながら、自分でも開業して稼ごうっていうのは結構、気合と根性と忍耐と知力体力が必要です。

 

本当にやりたいことに挑戦するためにも、もちろんそっちもやりつつ、これから徐々に力を入れていこうと思っているのが資産運用です。

銀行にお金を預けてるだけじゃもったいない

銀行の金利が0%に限りなく近いこのご時世。

お金を預けているだけでは、お金は増えません(減りもしないけど)。

 

たしかに、緊急事にパッとつかえる貯蓄はあったほうがいい。

 

でも、将来お金がかかるタイミングで困らないように賢く増やしていくことも考えるべきです。

 

これは口座に預けてるだけのフツーの貯金じゃ限界があります。

 

お金を使って、お金を増やす。

 

今後はどんな所得水準の人でも必ず、この概念が役立つ時代になります。

 

ビットコインを代表とする仮想通貨に興味を持ったことで、僕には全くの無縁だと思っていた資産運用にやっと興味を持ち始めたのがここ数ヶ月間のこと。

 

もっと早く気づきたかった。。

 

資産運用はお金持ちのすること?

資産運用っていうと、「運用する資産なんてどこにもねーよ」という思いがまず出てしまいます。少なくとも、僕はそうでした。

 

「お金は働いて働いて働きまくってこそ得られるもの。」そう信じてやみませんでした。

 

というか基本は今もそう思っています。資産なんて、考えたこともなかった。

 

 

でもね、どんなに少額でもいいから、今手元にあるお金を使ってお金を増やすっていう経験は、早いうちにした方がいいと今は思ってます。

 

5年後、10年後、20年後、もし大きなお金を手にしていて、それを運用しようとした時。

 

資産運用の経験がなかったら、きっと大損することになります。

 

勉強しはじめた僕が偉そうに言えることじゃないですが、資産運用はリスクとリターンとの兼ね合いを見極める力が必要。

この能力を磨くには、他の仕事、学問と同じように、経験値がものをいうんです。

 

どんなに少額でもいい。

大げさでなく、1円でもいいから運用にまわしてみるべきです。

 

失敗もあるかもしれない。

でもそれでいい。

 

大前提として、「万が一、なくなってしまっても痛くない金額(余剰金)」でやるのが運用のセオリーです。

お金を増やしたいからと暴走することなく、理性を働かせてお金をコントロールする力を身につけるには、1日でも早く資産運用を始める以上にいい方法はありません。

 

それに、若者が手取りギリギリの生活から脱却するために、ひとまず手元から今すぐ使えるお金を手放すことになる資産運用はもってこいです。

 

お金なきゃ、そのなかでやりくりせざるを得ないですから。

 

僕が資産運用をはじめてまず気付いたのは、「思った以上に無駄遣いが多かった」ことでしたw

 

勉強だと思って、僕も超少額ですがはじめています。

今年で29歳。

ゼータクをいえば、あと10年早く知りたかった。