GINCHAN.COM

トレーニングコーチ・現:千葉ゼルバトレーナー・24hフィットネスクラブのアシスタントマネージャーのブログ

トレーニング=筋トレじゃない

スポンサーリンク


Twitterでフォロー
Instagramでフォロー
24時間営業のフィットネスクラブ

トレーニングとは、日本語で訓練、鍛錬という意味を持ちます。

なので、トレーニング=筋トレっていうのは実は間違いです。

訓練、鍛錬に値するものはすべてトレーニング。

 

体力強化だけにあてはめても、トレーニングといえるものはたくさんあります。

 

ストレッチは可動域トレーニング

ランニングは持久力トレーニング

その要素だけが向上するなんてことはあり得ないけど、主にどんな要素を向上させたいかで、トレーニングの内容は変わるわけで。

 

トレーニング=筋トレとして考えると、筋力強化以外の部分はトレーニングではどうにもならないということになってしまいます。

もちろんそんなことはなくて、トレーニングは狙いを持ってエクササイズや負荷、継続時間、回数、頻度などなど…

いろんな要素を組み合わせることによって、いろんな効果を出せるものです。

 

なにかひとつの方法論に一辺倒になったり、ひとつのメソッドや理論に依存したやり方をしていると、トレーニングというものの概念が偏りすぎることがあります。

自分の信じていた理論とは全く真逆の理論が出てきたとき、あなたやあなたの周りの人は、どんな反応をするでしょう?

その反応によって、どれだけ自分の価値観が偏ってしまっているかがわかんもんです。

 

常識としてあるものが、実は間違ってるなんてことは当たり前にあります。

トレーニングについての概念がカチカチにかたまっちゃってる人には、こんな本がおすすめ。

 

桑田真澄の常識を疑え!  KUWATA METHOD―父と子に贈る9つの新・提言 !
 

 

 

スポーツトレーニングの常識を疑え!

スポーツトレーニングの常識を疑え!