GINCHAN.COM

トレーニングコーチ・現:千葉ゼルバトレーナー・24hフィットネスクラブのアシスタントマネージャーのブログ

【無料】お金をかけずに集客できるようになるために、絶対に読んでおきたい本

スポンサーリンク


Twitterでフォロー
Instagramでフォロー
24時間営業のフィットネスクラブ

繁昌店をつくるために、集客を考えない人はいません。

 

僕が勤めているフィットネスクラブのような、

店舗を構えてそこにお客様を呼ぶような商売は、

集客がどれだけできるかが売り上げのキモです。

 

店舗ビジネスで、集客は絶対的に逃れることのできない物事のひとつです。

集客ができなければ、

どんなにいい商品やサービスがあなたの手元にあっても、

買ってくれる人はあらわれないからです。

 

できるだけお金をかけずに集客したい!

集客が大事だ!と意気込んでも、集客のために費用をかけすぎてしまえば、

それに伴うだけの集客数と、顧客単価の高さがなければ

意味がなくなってしまいます。

単純に利益が得られなくなってしまうからです。

 

お金が極力かからない集客方法といえば、

いちばんは「紹介」でしょう。

ただ、紹介による集客は、ある程度集客できるようになって、

そのお客様たちが満足する経験をしたことによってうまれるものです。

いきなり新規から紹介に頼って集客するなんて考えは無謀です。

 

今は、お金がほとんどかからず集客できる方法として、

ネット集客がいちばん重宝されています。

インターネット上の検索や、SNSから得た情報をきっかけに

興味を持ってもらい、集客するという方法が一般的です。

ただ、この集客方法だけに頼るのはダメです。

 

ネット集客では限界がある

私自身、個人事業主として

ネット集客をメインに行ってきた経験があるので、

現在の職場でもその時に学んだことを活かし、

SNSを使用してコミュニティを広げ

集客につなげるようなことをしています。

 

ただ、ネット集客だけに頼るのには限界があります。

ネット集客は、ネット上で情報収集をしている人の集客には効果的ですが、

インターネットを日常的に使っていない人にとっては、集客効果を出せないからです。

 

店舗ビジネスで集客するとなると、

「近隣地域の人たちから、どれだけ集客できるか?」がまず勝負です。

そのためには、ネット集客だけに頼らず、

あらゆる方法を用いて集客につながる窓口を開かなくてはなりません。

 

チラシ広告・看板…集客にはなにが効果的か?

店舗への集客をネット集客以外でやるとしたら、

  • チラシ広告をまく
  • 看板を設置する
  • 雑誌などに広告をだす

などが代表的です。

 

このなかでどれがいちばん効果的か?

 

それは、

やってみないとわからないし、

どんな広告を出すかで効果も変わります。

 

広告を出して集客につなげるには、

「どの広告媒体を選ぶか」ということ以上に、

「どんな広告を出すか?」ということの方が重要です。

 

そこで必要になってくるのが、マーケティングの知識です。

 

集客できるマーケティングを学ぶために最も適切な一冊

マーケティング」についてざっと解説すると、

マーケティング: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

Wikipedia参照 

 つまり、「誰かが欲しがっているものをつくり、それがその人に実際に届くまでの過程すべて」を総称してマーケティングと呼ぶということです。

 

  • 新たな商品・サービスをつくること
  • 興味を引くようなキャッチコピーをつくること
  • 商品・サービスを必要としているひとがいる場所を探すこと
  • 魅力的な広告をつくること
  • リピートしたくなるような仕組みをつくること

こういったことも含めてすべてが、マーケティングです。

 

なので、なにかひとつの作業さえやればいいというわけではないんです。

戦略をたてて、戦術をつくり、作戦を選んで実行していくことで、

それが継続的な集客につながらなくてはなりません。

やみくもにやるのではなく、しっかりと勉強して知識を得ないと、

集客にはつながりません。

 

書店にいけば、マーケティング関連の書籍コーナーには大量の本があります。

僕もいろいろなマーケティング関連の本を読みましたが、

「お金をかけずに」効果的な集客を見込むための

超実践的なマーケティングを学ぶなら、

この「小さな会社のためのマーケティング入門」の右に出るものはありません。

 

f:id:ginjirot19880803:20170807172911j:plain

 

マーケティングの基本的な考え方

この本を読んでいると、核心を突かれたような気持ちになります。

著者のダン・S・ケネディ氏が唱える、マーケティングの基本的な考え方は特に。

マーケティングに1ドル費やしたら、その1ドルが間違いなく、速やかに2ドルなり20ドルなりの利益を生むようにする。 

直接的にすぐさま2ドルなり20ドルなりの利益をもたらさないのなら、その1ドルを費やしてはならない。

※書籍より一部抜粋

 多くの大企業がマーケティングを一種のパフォーマンスかのように捉えている一方で、

地域の集客がものを言う中小企業の店舗ビジネスは、「何かを今すぐ売る」ことこそが最も重要です。

その重要性と実現するための方法をこの本で学ぶことができます。

 

広告を打ち出す時の10個の黄金ルール

効果的に集客するため、広告の掲載、チラシの配布などでなんらかの行動を起こす時に従うべき10個のルールがあります。

いくつか抜粋すると…

  1. 相手がすぐ行動をおこしたくなるようにする
  2. どんな行動をすべきかをわかりやすくする
  3. 説得力のある宣伝文句を使う

などなど…集客につなげるための広告を打ち出したいひとには、

まさに「目からウロコ」の内容です。

 

成功の三角形

効果的な集客に成功するには、ケネディ氏が推奨する

「成功の三角形」に沿った戦略が必須です。

 

成功の三角形とは、

  1. 正しいマーケット
  2. 正しいメッセージ
  3. 正しいメディア

この3つの要素から成り立ちます。

 

集客に成功するには、

ターゲットとするその人に(マーケット)

その人が必要とされるものや言葉(メッセージ)を

そのひとの注意を引くであろう媒体を通して(メディア)

発信できているのかが重要です。

 

「お金をかけずに」集客できるのはなぜか?

この本を手にとって、マーケティングを学べば、

場合によっては、集客するために

1円も費用がかからない方法を用いることになるかも知れません。

 

というのは大げさかも知れませんが、

広告費用の無駄遣いや、低予算で広告を打ち出す場合には

とても強力な味方になる一冊です。

 

なぜなら、集客は「お金をかければ集まる」というものではないから。

さっき紹介した成功の三角形を形成できていないマーケティング手法を使っていれば、

いくらお金をかけて広告を打ち出しても、成果は絶対に出ません。

 

お金をそれほどかけていなくても、

しっかりと集客につながる要素を満たしたマーケティングができていれば、

集客のための費用は限りなくゼロになるか、

広告の費用対効果はとても大きなものになります。

 

あなたのマーケティング手腕次第で、

利益はまだまだ増やすことができるんです。

 

これから個人で起業する方も、

僕のように会社員として店舗を任されているひとにも、

「実店舗ビジネスでお金をかけず集客できるようになりたい!」

と思うひとは絶対に読んでおきたい本です。

 

3,800円(税別)が、今なら無料でもらえる

この本はダイレクト出版という、

書店には本を置かないという一風変わった出版社から販売されています。

 

おもに洋書の和訳本を販売しているダイレクト出版の本は、

他のビジネス書(だいたいどれも1,500円前後)よりもやや高めの本です。

それだけ価値が高く、

他のビジネス書では学べないことが盛りだくさんの本ばかりです。

 

ところが、今回この小さな会社のためのマーケティング入門」は、

ダイレクト出版のテストマーケティング中のため、

なんと無料(送料550円のみ負担)でもらうことができます。

今は無料ですが、ダイレクト出版の意向によっては、

「3,800円で販売する方法に戻した方がいい」ということになるかもしれません。

無料の期間がいつ終わるかはわかりません。

もしかしたら明日には終わっているかも。

 

無料でもらえる今のうちに、絶対に読んでおいてください。

 

▶︎小さな会社のためのマーケティング入門を無料でもらう。