GINCHAN.COM

読書が大好きなトレーナーが綴る読書感想文

ネット集客の営業を電話でしてくる業者に集客できる実力なんて絶対にない

スポンサーリンク


Twitterでフォロー
Instagramでフォロー
24時間営業のフィットネスクラブ

さっき、個人の仕事用に運営してるホームページから電話番号を消しました。

やっと決心できた感じ。

電話問い合わせはもう知り合い伝いとかじゃなきゃ受けません。

ロクな電話がない。

 

電話の問い合わせの99.9%が、

  • ホームページ制作
  • マッチング系のサイト登録
  • SEO対策

などなど…ネット集客関係の営業です。

 

カンのいい人ならお気づきでしょう。

 

ネット集客のプロをうたう彼らが、

『電話』で営業してくるという矛盾を。

 

ネット集客の営業を電話でしてる時点で、集客を任せられるワケがない

 フツーに考えて、SEO対策に強いなら 

自社のサイトをSEO対策して集客すべきであって。

 

電話での営業なんてしてる時点で

押し売り営業しかできないのが見え見えじゃん。

 

ネット集客対策を電話で勧誘してるヤツらは電話のビジネスマナーを知らない

ネット集客の電話営業の最大の共通点は、

「絶対に留守電にメッセージは残さない」ということ。

 

こっちはご丁寧に

「出られんことがあるので、どうしても電話がいいなら留守電にメッセージを入れてね」と問い合わせフォームにも書いてるのに。

 

そんなのみてないんだろうな、片っ端から電話してるんだろうし。

 

良識のある大人なら、用件があって電話したなら留守電くらい残すでしょ。

それもできない集客屋さんたち。

仮にシステムがいいものだったとしても、

取り扱ってる人がそんなんじゃ集客なんてできっこない。

かれらに任せられるはずがないでしょうが。 

 

対面でないからこそ、第一印象が大事

いまネット集客関係で契約して活用もしてるのは、一社だけです。

ここだけ契約した理由はいろいろあるんですが、

一番の決め手は、ファーストコンタクトの良さです。

メールで問い合わせしてくれたんですよ。

 

僕はホームページに問い合わせフォームを用意して、

「電話は指導中等で出られないことがあるので、留守番電話にメッセージを残してください。」

って記載もしているし、

メールやLINE@、SNS経由で連絡も取れるようにぜんぶ情報を記載してるんです。

 

にも関わらずねぇ…大抵は電話で連絡してくるんですよね。

絶対あいつら、ホームページちゃんと見てないよな。

きっと「パーソナルトレーニング 東京」とかでググって、

片っ端から電話かけてるんだろうな。

その証拠に、律儀に折り返すと何の要件でかけたのかあっちがわかってないんですよ。

営業の電話そっちからかけといてねぇ…そりゃないでしょ。

契約取る気あんのかな。

 

多分あれだな。

「商品がよけりゃ売れる」と思ってるな。

 

んなわけねぇだろ。