GINCHAN.COM

読書が大好きなトレーナーが綴る読書感想文

24時間営業のジムがこれ以上増えたって、それを使いこなせる人が増えない限りフィットネス人口も増えない

スポンサーリンク


Twitterでフォロー
Instagramでフォロー
24時間営業のフィットネスクラブ

 

 

総合型スポーツクラブの感覚で通うとびっくりすると思います。

 

ただ、自分で考えてジムエリアで黙々と運動をしていた人からすれば、

過度なサービスや、サロン的な環境なんて必要なくて。

ただ運動できればいいんです。

贅沢をもとめてない。むしろほっといてもらっていい。

 

「手軽」「便利」という言葉は、人の価値観によって

捉え方が変わるということがよくわかります。

 

自分が何も準備しなくてもいい、かわりに身の回りのことを気を回してもらえる

という労力を減らすことを「便利」「手軽」と捉えることもあれば、

 

贅沢言わないから自分でやりたいこと、やれることを最低限できる環境を

「便利」「手軽」と捉えることもあるでしょう。

 

どっちをどう取るかは、それぞれの「能力」や「依存度」が影響します。

どっちがいいとか悪いとかはありません。

自分がどっちを好むか?です。

 

このままボコボコ24時間低価格が増えても何も変わりませんよ。

用途に合わせてジムを使いこなす術を提供しないと。

常識なんてジムごとの文化もあるし、暗黙の了解やタブーもある。

 

こういうとなんか敷居が高いように感じるかもしれないけど、

本当にトレーニングをしっかりやっていて体つきのいい人は、

礼儀正しくて、思いやりに溢れる優しい方が多いです。

これが全て。具体的なノウハウじゃないんです。

周囲への配慮や気配りができればいいだけ。

 

最近、筋肉はよく発達してるけど、

人間的にどうなの?という同業者をちらほらSNSで見かけるのが残念ですが…

ああいう人をどうかお手本にしないでほしい